代々木公園ヘルスケア鍼灸院

〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-6-4
(小田急線代々木八幡駅徒歩3分/千代田線代々木公園駅徒歩2分)

【予約優先】お気軽にお電話ください

03-6426-2025
受付時間
午前9:00~12:00/午後14:00~21:00
上記以外の時間帯でもお気軽にお電話ください。
年中無休 (深夜1時まで対応可)
症状別にみた診察のポイント

頭痛

 診察

1)頭痛とは、頭部に限局する不快感ないし痛みの総称で、深部痛または放散痛を発する。

2)原因:器質的疾患(脳腫瘍、髄膜炎など)や全身疾患(高血圧など)、精神的・社会的要因などさまざまあり、また、これらが混合して起こることもある。

3)鍼灸の対象:頭蓋外の原因によるもの(筋緊張によるもの、瘢痕性疼痛症候群、頚神経に由来するもの、眼・鼻・歯・耳などに原因のあるもの)

4)鍼灸の対象外:頭蓋内に器質的疾患(脳腫瘍、髄膜炎、クモ膜下出血など)のあるもの。

1.片頭痛

1) 女性に多く、反復して起こり、加齢とともにその頻度が減少する。

2) 遺伝的な関連が濃厚とされているが、真の原因は不明である。

3) 症状:拍動性・反復性の慢性頭痛。多くは片側性、疲労、ストレスで誘発される。悪心、嘔吐、肩こりなどの随伴症状があり、視力障害や閃輝暗点などの前駆症状がみられる」こともある。

2.筋収縮性頭痛(緊張性頭痛)

1) 精神的ストレスが中心となり、側頭部、項頸部の筋が持続的に収縮することのより、循環障害をお越し、発痛物質を生じる。

2) 症状:頭部が締め付けられるような、後頭部に重りがぶら下がっているような不快な痛みを訴える。

3.群発性頭痛(ヒスタミン性頭痛)

1) 周期的に突然に起きる激烈な片頭痛発作。

2) 症状:1日に1~数回、数分から時間持続し、数日から数週間続く。

鼻汁、流涙、顔面紅潮、嘔吐、側頭動脈拍動がみられる。

4.  神経性頭痛

診 察

1) 精神的な影響で起こるもので、常習性頭痛や筋緊張性頭痛なども包含される。

2) 女性はこの型のものが多く、疲労や天候の変化などで発症する。

3) 一般に、神経質で血圧の低い人に多い傾向がある。

4) 症状:頭にものがかぶさっているような、あるいは、頭の中が空虚になったような感じがして痛むと訴える。

効果のよい症状

1) 心身の疲労や天候の変化などによるもの。

2) 神経性頭痛や片頭痛など。

効果のよくない症状

1) 突然の起こる持続的な激しい痛み。

2) 間欠的にも痛みがあり、痛みの程度が進行性である。

治療

1) 頭蓋内や項頸部から肩背部の血液循環を良くし、筋緊張をほぐすことを目的とする。

2) 体質、遺伝的要素が考えられる場合は、全身調整を行うようにする。

3) 古典では、頭部の疼痛部位によって、異常の経絡が配当されているので配穴の参考にする。

4) 眼精疲労や眼疾患より起こる場合は、眉間、こめかみ、側頭部、後頭部と症例により痛みを訴える部位に相違がある。このような場合は、肩こりと眼精疲労を取り除けば、直ちに頭痛は解消されることが多い。

5) 鼻疾患による頭痛は、眉間から前額部にかけての頭蓋の奥のほうで重だるい感じで痛み、頬部にまで放散することがある。このような場合は、症状を訴える箇所で、反応点を探して治療点とする。

 

頭痛と経絡の関係

・前頭部:膀胱経・胃経(腎虚)

・眉間痛:膀胱経

・頭頂痛:督脈・膀胱経・肝経・胆経

・後頭部痛:督脈・膀胱経・胆経

・側頭部:小腸経・胆経

・こめかみ痛:大腸経・胃経

治療穴

・前頭痛・眉間痛:上星・印堂・攅竹・太陽・迎香・天柱

二間・合谷・足三里・崑崙・衝陽

・側頭痛:頷厭・懸釐・懸顱・和髎・太陽・外間・中渚・足臨泣・地五会

・頭頂痛:前頂・中封・後谿

・後頭痛:完骨・風池・天柱・崑崙・僕参・金門・後谿

・頭重:陶道・太陽・風池・天柱

 

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6426-2025

受付時間:午前9:00~12:00/午後14:00~21:00
上記以外の時間帯でもお気軽にお電話ください。
土日祝日も受付けております。