代々木公園ヘルスケア鍼灸院

〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-6-4
(小田急線代々木八幡駅徒歩3分/千代田線代々木公園駅徒歩2分)

【予約優先】お気軽にお電話ください

03-6426-2025
受付時間
午前9:00~12:00/午後14:00~21:00
上記以外の時間帯でもお気軽にお電話ください。
年中無休 (深夜1時まで対応可)
症状別にみた診察のポイント

アキレス腱痛

1.診察

1)アキレス腱や滑液包に由来する疼痛で、急性期は自発痛がある。

2)踵骨後方突起の後上方やアキレス腱の内側あるいは外側前縁に圧痛。

3)筋から腱への移行部に把握痛や圧痛がある。

4)歩行により痛みが増強する。

5)足関節背屈制限と背屈強制(アキレス腱伸展)による疼痛。

6)尖足起立時の疼痛。

7)アキレス腱付着部を中心に軽度の腫脹。

 

2.鑑別

1)アキレス腱断裂:ランニングなどによる腓腹筋の急激な収縮やアキレス腱伸展時の打撲により発生する。受傷時に断裂音を感じ、同時に歩行困難になる。断裂部に一致して限局性圧痛、皮下出血を見る。尖足起立ができなくなる。

2)アキレス腱痛症:アキレス腱腱囊炎、アキレス腱周囲炎、踵骨骨端炎などの疾患を除いた原因の明らかでないものをいう。

3)アキレス腱囊炎:アキレス腱と踵骨後方突起間にある滑液包が前方から踵骨の突起、後方からはアキレス腱により圧迫摩擦されて起こる非特異性慢性炎症である

4)アキレス腱周囲炎:アキレス腱周囲に炎症症状がある。

5)踵骨骨端炎:8~12歳の少年期に発症。骨端核が踵骨体と癒合する前に見られる。

 

3.効果のよい症状

1)新鮮例のほとんどは、1~2回の治療で症状は緩解する。

 

4.効果のよくない症状

1)アキレス腱断裂は整形外科の分野である。

2)滑液包炎の陳旧例では、滑液包の摘出手術の適応となる。

 

5.治療

1)下腿三頭筋の疲労回復を主目的とする。

2)アキレス腱局所の圧痛点、反応良導点。

3)刺激方法:置鍼術、EAP刺激、低周波置鍼療法、施灸など。

 

・治療穴

築賓 交信 腹溜 大鐘 踏陽 崑崙 僕参 合陽 承筋 承山 陽陵泉 飛陽

 

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6426-2025

受付時間:午前9:00~12:00/午後14:00~21:00
上記以外の時間帯でもお気軽にお電話ください。
土日祝日も受付けております。